ウサギ

ウサギについて

ペットとしてのウサギウサギもまた人気の高いペットですね。
現在、ペットとして飼育されているウサギは、アナウサギを原種とするウサギとなります。
このことから区別をつけて、イエウサギ、カイウサギというような呼び方をすることもあるので、覚えておくと良いでしょう。

ウサギと言うと、寂しいと死ぬとも言われる動物ですね。
基本的にこの話は、いわゆる戒めのようなものだと考えて良いでしょう。
飼い主がまったく相手をしない、掃除などの管理を怠っているというケースに起こるものであり、どんな動物であってもきちんと世話をしなければ死んでしまうものです。
また、ウサギの習性として縄張り意識が強い個体が多く、単独で飼育されることが多いのですが、去勢手術を行ったウサギであるのなら多頭飼育を行った方が長生きをするデータもあります。

草食動物であることから、性格的にも温厚な個体が多く、意外と知能も高いのでトイレなどの躾をすることも可能です。
また、個性が強い動物であることも特徴の1つであり、わがままでマイペースなうさぎもいれば、無邪気で良く遊ぶウサギ、大人しくしているウサギなど様々ですので、飼育する時には性格で選ぶのも良いでしょう。

情操教育とウサギについて

情操教育として飼育するペットとしては、ウサギは比較的にお勧めしやすい動物かもしれません。
単純にペットとして飼育しやすいという意味ではなく、ウサギには強い個性があることから、一匹一匹にあわせて飼育をすることで試行錯誤する力をつけることができるからですね。
ウサギの性質や習性などを知って、しっかりと対応することができるようになると、情操教育を行った甲斐があったと言えるかもしれません。

ウサギの種類について

ウサギは人工的に品種改良されたこともあってか、とても沢山の品種が存在します。
その数は150種類以上とも言われているのですが、日本においては大きく分けるとネザーランド・ドワーフとロップイヤーが人気ですね。

ネザーランド・ドワーフとは短毛種であり、小型のウサギです。
好奇心が強く活発的な性格をした個体が多く、人に慣れるのと、慣れない個体に別れることで知られています。
ピーターラビットのモデルになったことでも有名であり、ペットショップでも良く見かけるウサギだと言って良いでしょう。

ロップイヤーとは、耳がウサギの中でも大きく垂れ下がっている品種のことを指します。

コメントは受け付けていません。