ハムスター

ハムスターについて

ハムスターもまた日本では人気の高いペットの1つです。
齧歯類であり、とても愛らしい外見をしていることから、人気も高いのですが、夜行性である特徴があります。
その為、情操教育を目的に飼育した場合は、お子さんにきちんとハムスターの習性などを教えないといけません。
基本的に小さなお子さんの場合は、起きている昼間の間にペットと遊びたいと考えるかもしれませんが、ハムスターにとっては本来なら寝ている時間であり、ストレスの原因となってしまいます。
情操教育をするにしても、動物とは触れあうだけではないということを教えることができるかもしれませんが、お子さんがある程度は大きくなってから飼育した方が良いペットだと言えるでしょう。

また、ハムスターの種類によっては小型であることから、触ったりするのではなく、観賞用としてのものもいます。
そうした観賞用の小型ハムスターを飼育したいのなら、お子さんにもきちんと説明を行う必要があるでしょう。

ハムスターの習性について

ハムスターの名称とは、もともとは1品種であるゴールデンハムスターの俗称として、一般人に定着したものです。
もともとはヨーロッパに広く分布しているクロハラハムスターを指す言葉だったのですが、実験用動物としてゴールデンハムスターが広く流通したことから、代名詞的存在が変わったと言えるでしょう。
ヨーロッパからアジアの乾燥地帯を中心に分布しており、野生種としては絶滅危惧される種もいます。
雑食性の動物であり、木の実や穀物、野菜などの他にも昆虫なども食べるのが一般的です。
また、自分の糞を食べる食糞の習性を持っています。
これは1度では消化しきれなかった栄養分を再び吸収するためのものであり、異常な行動ではないので、覚えておくと良いでしょう。

ハムスターを飼育する時の注意点

基本的にハムスターは視力があまり良くなく、周囲の状況を把握するのは、聴覚と嗅覚に頼ることになります。
このことから臭腺と呼ばれる臭いを発する期間を持っており、周囲に臭いを散布することで、自分のなわばりを主張するようです。
特にゴールデンハムスターは縄張り意識が強いことから、縄張りを侵す他の個体を殺傷することもあります。

コメントは受け付けていません。