フェレット

フェレットについて

お子さんの良い友達フェレットはイタチの仲間です。
ヨーロッパケナガイタチ、もしくは、ステップケナガイタチから家畜化された種であり、ヨーロッパでは古くから飼育されてきた動物です。
現在は世界中で飼育されており、日本でも飼育する人はいらっしゃいます。

体長は成獣になると、およそ30センチ~50センチ程度に成長します。
メスよりもオスの方が大きくなる傾向があり、毛色も多くのものがあります。
寿命は6年から12年程度ですので、犬や猫と比較すると多少短い寿命だと言えるでしょう。

ヨーロッパにおいて、フェレットは狩りの時に珍重された動物であり、ウサギや齧歯類などを巣穴から追い出したところを漁師が狩るという手法をとっていました。
現在でもイギリスやオーストラリアでは同様の手法で狩りが行われています。
アメリカ、カナダ、ニュージーランドなどには、ペットなどの用途として使われるフェレットを繁殖させる大規模なファームが存在します。
出身地となるファームごとに名前がつけられており、マーシャル、パスバレー、などがあります。
これらはファーム名であるのとともに、ファームによって体格や性格、毛色などに差があることから、品種のような意味で用いられることもあるので、覚えておくと良いでしょう。

ペットとしてのフェレット

フェレットは成獣となっても、好奇心が強く、とても活発な性格をしていることでも有名です。
子猫のような性格をしているとも言われますが、猫よりも人間に懐きやすく、飼い主と遊ぶことを非常に好みます。
意外と知能も高く、トイレ、しつけ、などの他にも簡単な芸なら覚えさせることも可能であり、インターネットの動画投稿サイトではフェレットの動画を見ることもできます。

また、鳴き声が大きくないというのも、日本で飼育することを考えると嬉しいことですね。
機嫌が良いときは、くっくっくというような声、機嫌が悪い時は、しゃーというように小さく鳴く程度なので、隣家や隣室の住人に迷惑をかけることはほとんどないと言えます。

この為、情操教育としてのペットであっても飼育しやすいと言えるでしょう。
小動物の中では人気も高く、多くの人が飼育していることから、情報も手軽に入手できるのは嬉しいポイントです。
初心者の人でも飼育しやすいとされているのは、マーシャル・ファームズのフェレットですね。
比較的に小型であることが特徴で、右耳の後ろに青い刺青が入っています。
これはマーシャル・ファームズが出荷したフェレットであるという証拠であり、病気ではありません。
性格的には、大人しくてかみ癖の少ない個体が多いのが特徴です。

日本で高い人気を誇っているのが、パスバレーです。
体格はマーシャル・ファームズと比較すると、がっちりとしており、病気やけがにも強いのが特徴になります。
毛色の種類も多く、全体的にバランスのとれたスタイルをしていることから人気があり、近年では比較的に安価となったことも人気に拍車をかけています。

フェレットは見た目もとても可愛らしくて、飼育しやすいことから、お子さんの良い友だちになってくれるペットだと言えます。
情操教育であることを除いたとしても、飼育したいペットであり、実際に飼育している人も多いです。
犬や猫ほどの知名度はありませんが、人気も高く、価格的にもそこまで高価ではありませんので、情操教育としても、家族の一員としても迎えやすいといって良いでしょう。

コメントは受け付けていません。