最近のペット事情

ペット事情

ペットの熱中症いまはペットを飼っている人はとても多いですよね。
去年、夏休みを利用して軽井沢にいったのですが町を歩く人の大半は
ペットをつれてのショッピングがとても多かったように見受けられました。
ただ真夏ショッピングに犬を連れては犬がかわいそうだと感じました。
アスファルトも高温になっているので、熱中症に犬がならないか不安になったりします。

とにかく、いろいろ軽井沢の様子をみていると、最近軽井沢のお店の中でも、
ペットOKというお店だったり飲食店もとても多いなぁと思うのです。
さらにみているとペット連れの人が、テラスで食事をしている様子をたくさん見られます。
みなさん、ご自身の愛犬をつれてお食事ができているので、とても楽しそうにしています。
いまのご時世ではペットを飼っている人を取り込むことで
売り上げアップをしようとしているお店も多いのかなと思います。

また、宿泊施設の中でもペットOKはここ数年で爆発的に増えています。
以前は、そういう場所はコテージと相場がきまっていたのですが
最近では温泉地であってもペットOKの場所が増えています。
さらに、ペット専用の温泉施設まで付属としてあったりするんですよね。
飼い主が旅行したいと思ったときに一番のネックになることは、
その間ペットをどうするかということのようです。

もちろん、ペットを預けるということも可能なのですがたいていの場合、
飼い主が旅行から戻ってペットショップに犬や猫を引き取るときには、
ペットの様子が変な場合が多いといいます。
それは、普段いれられないような狭い檻にはいっているということと、
ストレスや食べ物も違うということで、体調が狂ってしまうらしいのです。
そういうことからも、どうせ旅行するならば、
ペットと一緒に旅行したいというニーズが高まっているというのです。

宿泊地の差別化

また、日本は相変わらずずっと不景気です。
宿泊地にとってもそれは例外ではなくて、なにか他との差別化を図っていかないことには
売上アップにはつながらないと、いろいろアイディアを考えているというのです。
一時は、値下げ競争などもありましたが、結局宿泊代をさげてしまっては
利益率が下がるだけということになって、それも効果がないと考えたところで、
ペットと泊まれる宿ということを売りにしていこうと考えられているようなのです。

飼い主にとっても、ペットショップで高いお金をかけていながら、
ペットの調子が悪くなることを考えた場合、ペットと一緒に泊れる宿を選択したほうが、
ずっとメリットがあると考えられているようで、ペットとともに、宿泊できる施設は、
利用客がずっと上がっているということです。

ペット人気は不動になっていますから、ペットとともに宿泊できる施設は今後も
増えていくでしょうし、そこでの競争もまた激しくなっていくことでしょう。
結局、どういう商売でも、いつも他に負けないように、
いつも切磋琢磨していくことがもとめられていくのだと思います。
ほんとうは、もっと景気がよくなってくれないことには、日本が活気づかないのですけど。

コメントは受け付けていません。