マイクロチップ

ペットへの負担が少なくメリットの多いマイクロチップ

マイクロチップ日本でも、ペットにマイクロチップを埋め込むことがだいぶ進んできています。
ペットショップで犬やネコを購入しようとすると、説明の欄にマイクロチップ済みという表記があるのに気付かれた方も多いでしょう。

マイクロチップはICチップとも呼ばれていて、そこにいろいろな情報を記憶させることができます。
マイクロチップをペットに埋め込むことで、いろいろなメリットがありますので、飼い主の方は積極的にその導入を考えてみると良いでしょう。
ペットの名前や飼い主の情報、血統書の情報、生まれた日付、病気などについて記憶させることができますので、万が一行方不明になったときも、簡単に情報を読み込んで飼い主のもとに届けるといったことも可能になります。

マイクロチップの埋め込みは、簡単な外科手術でできますし、ほとんど動物への負担がないものですので、安心して行うことができます。
メリットのことを考えると、十分行う価値のあるものと言えるでしょう。

しっかりとデータベースで管理されている

日本においては、動物の個体識別という目的がメインでマイクロチップの導入が進められています。
上述のように、ペットが迷子になってもすぐに飼い主を見つけられるようにという1つの目的があるのです。

もちろん、マイクロチップを体に埋め込んだだけでは意味がありませんので、しっかりとその情報を登録しなければなりません。
マイクロチップの情報と、それを埋め込んだ飼い主の情報は、日本獣医師会のデータベースに登録され、しっかりと管理されていますので、安心して利用することができます。

いつでも起こりえる迷子の他にも、地震などの災害が生じて、ペットと飼い主が別れてしまったというときにも、こうした情報があれば、再び出会える確率が高くなりますので、ぜひとも登録しておきたいものです。
データベースでは、飼い主の電話番号なども登録されていますので、ペットが見つかり次第、すぐに連絡を取ることができますので、とてもたすかる機能です。

世界各国で進んでいるマイクロチップ整備の動き

日本ではまだまだマイクロチップ導入は発展途上というところですが、世界を見渡してみるとかなり進んでいる国もあります。
ペット先進国が多いヨーロッパの国々では、ペットを販売する際にはマイクロチップ導入が義務化されているところもあり、かなり普及が進んでいます。

ペットを保護するとともに、飼い主の意識を高めるのにも役立っていますので、これからさらに日本でも普及が進むことが期待されています。
大変メリットの大きいものですので、これからペットを飼いたいと思っている人は、ぜひとも考えてみると良いでしょう。

 

コメントは受け付けていません。