ペットニュース『ペットの数が子供の数を超えた』

ペットの数

ご家庭で、犬や猫などの動物を飼っているというかたは多いです。

犬や猫だけでなく、うさぎや、ハムスターや、チンチラや、鳥や、熱帯魚や、カメなどもペットとして人気が高いです。
そのような動物の魅力は、なんといっても見た目がとても可愛いことですね。
ペットはいつでも、可愛い姿や仕草で人間の心を和ませてくれます。

お仕事から疲れて帰ってきた時に、犬や猫がそっと寄り添ってくれたりすると、それだけでも気持ちが癒されるものです。
自宅にペットがいて良かったと感じることも多いと思います。

日本国内でのペットの飼育軒数は、年々増えてきているようです。
ニュースでも、ペットの数が子供の数を超えたと報じられるくらいです。

日本では15歳以下の子供の数が減っており、少子化と言われていますが、その一方でペットの数が増えているというのは、一見すると非常に奇妙なことのように思えるかもしれません。

先進国はある程度の人口になると、次第に出生率は下がってくる傾向にあります。
それに、先進国ではペット向けのフードや医療設備なども充実しています。
栄養豊富なペットフードや高度なペット医療技術によって長生きする犬猫も増えてきているのです。

そのような状況におかれたペットたちの中には、30年近くも長生きする猫もいるのだそうですよ。
このようなことをふまえると、日本でペットの数が子供の数を超えたといっても、特に奇妙な現象ではないのです。

むしろ、アメリカでは犬や猫のペットの数は、もっとたくさんいるのです。
ですから、日本だけが特別なことではないと言えるでしょう。
ペットが長生きできる環境になってきているのは、飼い主にとっては喜ばしいことかもしれません。

ペットの長寿化

ペットが長生きすればするほど、病気にかかったり、高齢化して苦しむ状態とも向き合わなくてはならない機会が増えます。
これは、愛するペットが病気で苦しんだり、だんだんと衰えていく姿をみるのは、非常に辛いことですよね……それに、手術などの治療費や、老犬老猫向けのフードなどのお金もかかってきますから、経済的な負担ものしかかってきます。

ガンになってしまったペットの手術で何百万円もの治療費がかかってしまったというケースも少なくありません。
これから、ペットを飼おうと考えているかたは、そのような心構えも必要です。

家族として迎えたら、途中で見捨てたりせずに、一生お世話する覚悟が必要になってきます。
もしも時に備えて、ペット保険に加入しておくと安心かもしれません。

コメントは受け付けていません。