オウム病

風邪と同じような症状を引き起こす

風邪と似た症状オウムやインコなどの鳥をペットとして家で飼っているなら、ぜひとも注意したい病気があります。
それが、このオウム病です。
名称が示すように、オウムに現れることが多い病気ですが、インコや他の鳥類にも発症しますので、鳥を飼っている人は誰しもその危険性について考慮すべきでしょう。

オウム病に人間がかかると、風邪と似たような症状を引き起こします。
熱が出て全身がけだるくなり、咳が出ることもあります。
免疫が強い状態であれば、さほどひどくなることもなく、風邪に似ているためオウム病だと認識することもなく治ってしまうことが多いようです。

しかし、免疫が下がっている状態でこの病気を患うと、重症化してしまい肺炎に移行することもあります。
症状が改善せずに、肺炎で亡くなってしまうケースも報告されていますので、その危険性を認識するのは大事ですね。

微生物によって引き起こされる病気

このオウム病は、クラミジアという微生物に感染することによってもたらされる病気です。
鳥との接触で人間がかかることが多いので、十分な注意が必要です。
特に、かわいさあまり口移しでオウムなどに食べ物を与えるなどの習慣を持っているなら、そのリスクについて思い返す必要があるでしょう。

特に、オウム病の症状を呈している鳥を見た時には、接触を避ける、すぐに動物病院に連れて行くなどして十分な手段を講じるようにしましょう。
鳥に現れる症状としては、食欲が落ちて全体的に元気がなくなります。
そして、脱毛や下痢の症状が現れ、鳴くことをやめてしまいます。
オウム病か他の病気が見極めるのが難しいところですが、心配なようなら動物病院に連れて行って、検査をしてもらうのが一番良いでしょう。

抗生物質によって治療が可能

オウム病は重篤な症状を引き起こすこともありますが、原因が分かれば治療法がありますので、さほど心配する必要がありません。
原因のクラミジアを殺す、テトラサイクリン系の抗生物質を投与することで完治を期待できます。
早い段階で風邪とオウム病の判別を行い、適切な治療を行うことがカギですので、疑わしい症状と鳥との接触が結びつくようであれば、そのことを医師に伝えましょう。

また、鳥も抗生物質の投与によって治療できますので、安心してペットを見守ることができるでしょう。
薬で治療可能とはいえ、体力がかなり落ちることが予想されますので、保温をしっかりとしてあげて、早く回復できるように助けてあげましょう。
名前は知っていても、病気への知識と正しい対処方を知っていないと、ペットにも人間にも大きな影響を与えることがありますので、しっかりとした情報を採り入れるようにしましょう。

 

コメントは受け付けていません。