パスツレラ症

ほぼ全てのネコが持つ細菌による感染症

感染症犬やネコなどの動物が持っている細菌が人間に感染すると、何らかの病気を引き起こすということは、決して珍しいことではありません。
こうした感染症の中でも、代表的なものと言えるのがパスツレラ症でしょう。

というのも、ペットとして飼われているネコのほぼ全てがこの原因となる、パスツレラ属菌を保有しているからです。
口の中にいる常在菌としてだけでなく、7割の確率でネコの爪にも存在していますし、犬も75パーセントほどの割合でパスツレラ属菌を持っています。
そのため、人間が感染する確率が非常に高い病原菌だと言えるでしょう。

ネコや犬などの動物は、常在菌としてこの菌を保有していますので、何らかの症状をもたらすことはありませんが、その菌が人間に感染すると、軽いものの症状を現すようになります。

パスツレラ症の感染ルート

このパスツレラ症の原因菌は、ペットの口腔内や爪の中にいることがほとんどですので、ペットにかまれたりひっかかれたりして感染することが多い傾向にあります。
まれですが、唾液による飛沫感染も報告されていますし、食べ物を口移しで与えるような行為も、感染リスクを高めるでしょう。

飛沫感染によって、口から細菌が入り込むと、他のケースとは異なり、呼吸器系の症状を呈することもありますので、きつい症状を伴う可能性があります。
一般的な症状としては、かまれたりひっかかれたりしたところが、赤く腫れる、化膿するといったもので、軽い症状で治まるものがほとんどです。

しかし、アルコール性の肝臓障害を持っていたり、糖尿病を患っていたりすると、症状が悪化して髄膜炎などの重い病気に移行してしまうこともあります。
また、感染のルートによっては肺炎をもたらし、呼吸不全に至ることも考えられますので、十分な注意が必要でしょう。

基本的には軽症で済むことが多いのですが、まれにかまれた後、数十分もしないうちに激痛が傷痕を中心に生じ、ひどい化膿を伴うことがあります。
その程度がひどいと、死亡するという報告例もありますので、痛みが強く心配ならすぐに病院にかかるようにしましょう。

免疫が下がっているときには注意する

パスツレラ症に限りませんが、ペットからかまれたりひっかかれたりした時には、なんらかの感染症のリスクを考えるのは大事です。
また、動物の口腔内には様々な感染症を引き起こす細菌がいますので、キスをしたりエサを口移しであげたりするのは、避けるのがベターでしょう。

特に、普段はなんともなくても、風邪引きの時やストレスを抱えていて免疫が下がっているときは、細菌に感染する確率が高まりますので、普通以上の注意をするように心がけましょう。
感染症のリスクを考え、ペットと楽しい時間を過ごしたいものですね。

 

コメントは受け付けていません。