ペットを飼うと決めたら責任を持つ

ペットを飼う責任について

ペットを飼う責任子どもの情操教育の一環として、ペットを飼う家庭は数多くあります。
生き物と一緒に過ごす事によって体験できることもあるし、何より自分以外の生命と接する事が出来る為、多くの事を学べると言っても良いでしょう。
ただもしペットを飼うと決めたら、責任を持つ事が重要です。
ペットは生きています。
生きていれば何らかの問題が起きてしまう事も少なくありません。
例えば体調の面で言えば病気になってしまう事も有るし、ちょっとしたことで怪我をしてしまう可能性もあるのです。
健康で生活をしていく為には予防接種を獣医でしてもらうのも、飼い主としては必要な事と言えます。
また食べ物を食べるという事は、排泄もするという事です。
しっかりと衛生的に飼育してあげる為にも、排泄物がある場合はきれいにしましょう。
またトイレに関してはその動物によって適している状況があるので、その種類によって合った感じにするのが重要です。
忘れてはいけないのが、一般的にペットの方が寿命が人間に比べると短いという事でしょう。
赤ちゃんのうちに家に来たとしても、すぐに大人になり、数年後には死んでしまう種類だっています。
勿論医療が進歩してきているので、昔に比べるとペットも長生きになってきました。
ただそれに伴って痴呆や白内障等の悩みを抱えている場合も増えてきたのです。
ペットはただ可愛いという事だけで飼うことはできません。

ペットを飼う責任とは

確かにお金さえあれば「買う」事は可能です。
しかしおもちゃの様に壊れたら捨てる、汚くなったら使わない、そんなことができる相手ではありません。
生きているのでそんな無責任な事をしてはいけないのです。
またかわいいからと言って何もしつけずに飼うことも良くありません。
社会の一員として生活をしていく為には、ある程度のルールが守れる必要があります。
そういうことができてこそ、幸せな生活を送れると言っても良いでしょう。
従ってただ飼育しているだけで必要な事をしつけていないのは、実は責任を放棄している事になるのです。
またもっとも良くないことは、とりあえず今だけ飼育するという事でしょう。
将来的に飼えなくなる事が分かっているのであれば、買ってはいけません。
ペットは不要になったら処分して良いものではないのです。
貰ってくれる人が見つかるかもしれませんが、それは所詮人間のエゴだと思っておきましょう。
家に家族として迎え入れたら最後までしっかりと世話をする、そういう責任を持つ事がペットを飼う上で必要な事となります。

コメントは受け付けていません。