ペットを飼う前に~情操教育について~

情操教育とは

子供と情操教育についてペットを飼う理由としては色々とあり、
中には家族を増やしたいと思っている人もいますが、
子どもの情操教育の為にそれを買いたいと思う人も少なくありません。

では、情操教育とは、そもそも何でしょうか。

情操教育とは、学問等とは違って心を育てるための教育の事です。

似ている物としては道徳などがあります。

ペットを育てる事を通して
生き物の命について学ぶ、また感情を知る、心を豊かに育てる
というのがペットを飼う時に期待する「情操教育」という物です。

確かにペットを飼うと家族が一人増えたような状態になり、
子供にとっても良い遊び相手が出来たなんていう感じになるでしょう。

しかし、ここで注意する必要がある事は、
ペットはおもちゃではなくあくまでも生き物だということです。

おもちゃ屋さんで売られている犬とかのぬいぐるみの様に、
何をしても大丈夫な訳ではありません。

病気にもなるし、ペットにも感情があり思い通りにならないことだってあるのです。

だから、ただエサをあげておけば大丈夫かと言ったらそうではなくて、
しっかりとケアし育てる必要が出てきます。

また、子どもにペットを育てさせる場合、
情操教育の為と言ってなかなか親等周りの大人が何もしないでいると、
子どもは時には飽きてしまって世話をしてくれなくなります。

その為、代わりに大人が世話をするなんて言うことになったらそれは情操教育でも何でもありません。

ペットを通して

重要な事は子どもに色々な経験をさせてあげるということです。

だからペットを飼う事で情操教育を、と狙っているのであれば、
子どもだけ、大人だけという感じで世話をするのではなくて
子どもと一緒に大人が世話をするようにしましょう。

そうする事で子どもがペットと接する事も増え、
おもちゃの様に扱わない様になって行きます。

また実際にペットを飼うと、
最初は物珍しいので遊んだりちょっかいを出したりする事がありますが、
いつの間にか飽きてしまう事も少なくありません。

ペットを飼う上で必要なのは責任感です。

飼ったら最後までしっかりと世話をする、
これが飼い主としては必要なスタンスなので、
子どもにもそれを学ばせなければいけません。

その為にも、周りの大人がしっかりとフォローするようにしましょう。

またペットにとって、見ず知らずの家に連れてこられることはとてもストレスを感じてしまう事になります。

出来るだけ健康に生きていく為にはそんなストレスを出来るだけ軽減するようにしましょう。

一緒に世話をする、そのペットに付いてしっかりと調べる、
そういう事をするだけでもかなり違います。

ペットは確かに情操教育の面でとても効果的なパートナーです。

ただ飼いだすと色々な問題が起きてくることもあるので、
ペットを飼う前にしっかりとそういう事を知って、
色々とその種類について理解してから飼うようにしましょう。

そうする事で飼い主とペットの間により良い関係を築く事が出来ます。

コメントは受け付けていません。