ペットの避妊と去勢

ペットの避妊去勢について

避妊義務ペットの避妊や去勢手術は、大切な家族として飼っている以上、避けられない問題です。
小さいお子さんや大人のなかには、「避妊や去勢は自然な形ではなく、ペットにとってのストレスとなる」と考えている飼い主も少なくありません。

その気持ちはもっともです。
しかし、手術をしないことによって登場する大きなリスクなども存在し、
手術をしたことによって発生するよいところも少なくないのです。
たとえば、ペットによっては繁殖期になると必ず家で飼っている猫が外に出たがってしまい、外に出したことによって交配し、結果として子供ができて捨てることになったと言うことも珍しくありません。

しかし、その時にペットを捨てなければならないと言うことは、命を捨てることにつながるのです。
小さいお子さん達などに子供を捨てなければいけないと言うことは大変酷ですし、
また自分の飼っているペットの心身にもストレスが起こるのです。
そのため、交配をしないことはペットを守り、命を守ることにつながります。

また、交配やストレスなどによって誕生する病気に対してのリスクが低減されます。
手術する年齢によってある程度個人差はありますが、
大切なペットが急に病気になってしまうと言うことがなくなることにもつながるでしょう。
さらに、多頭飼いなどの場合には、オス同士がメスをめぐってけんかをして、トラブルとなることも珍しくないのです。
だからこそ、通常よりも早い段階で手術を受けることが勧められています。

実際に受けることによって、性格が変化し、お子さん達でさえ手を焼いていた獰猛な性格が、
思っているよりもおとなしく、聞きわけがいい性格に変化することにも大きくつながるのです。
これらの事を教えるのは、親として、ペットに対しての責任であることをわかりやすく話すことが大切です。

ペットの繁殖について

かわいいからと安易にペットを繁殖させてしまっては、家計に大きな穴が開き、
結果として捨ててくると言う悪循環になってしまうリスクが生じます。

そのため、ペットを飼うときのルールとして、
去勢をするべきなのかということに対しては、親子できちんと話し合っておくことが何よりも大切なのです。年齢が上がっていくうちに、お子さんも分別がつき、どうしていけないのかと言うことをきちんと説明することが必要です。

だからこそ、適切に説明を提供する前にある程度買っているペットにとって交配が与えるリスクなどを学ぶことによって、納得できる説明を実現できます。

コメントは受け付けていません。