情操教育とは

当サイトについて

ペットと情操教育情操教育 はじめの1歩は、情操教育についてまとめたサイトです。
お子さんを育てていくことは、とても難しいことですよね。
多くの場合、知育などを目的にしてお子さんを育てることが多いですが、それと同じくらいに情操教育も必要だと考えて良いでしょう。

お子さんのことを思って、頭の良い子にしたい、というように考える親御さんも多いのですし、将来のこと、キャリアのことを考えればそれも仕方のないことだと言えます。
しかし、早期から知育教育を行うだけでは心を上手く発達させることができないとも言われており、近年では知育よりも豊かな心を育てることを目的とした教育に注目が集まっています。

小さなお子さんはまだ理屈で物事を考えることができない時期だからこそ、ワクワクして心に刺激を与えるような経験が大切だと言えるでしょう。
子どもの時は、子どもらしく思いっきり遊ぶことが大切であり、勉強を学ぶ年齢になってから、知育をしても充分に間に合うそうです。
また、叱ることも時には必要ですが、褒めることがお子さんの成長には欠かせません。

そうした教育の一環としてペットを飼うことがあります。
身近な存在になってくれるペットは、お子さんの心を成長させるためにも、とても良い影響を与えてくれる存在です。

当サイトでは、ペットによる情操教育を中心とした情報を掲載するサイトであり、ペットを飼う前にでは、実際に購入する前に必要なことなどを掲載しています。
ペットニュースでは動物に関する情報を、ペット関連書籍では読んでおきたいペットに関連した書籍を紹介しており、代表的なペットでは一般家庭で飼育される動物について書いていきます。

ペットとお子さんの関係について

ペットによるお子さんの情操教育を考えた時に、ただペットを与えただけでは意味がありません。
極端な例かもしれませんが、まったく言葉の通じない外国人の人をつれてこられてコミュニケーションをとりなさいといわれても、どうして良いのか解らないのと同じことです。
お子さんにしても、初めて接する人間以外の動物になる訳ですから、まずは基本的なことを知ることが大切だと言えるでしょう。
上の例で言えば、言葉を学習することにあたります。

ペットの場合ですと、例えばイヌを飼育するのならイヌについての情報をあらかじめ親御さんが勉強しておいて、実際にお子さんが接するときに教えてあげるようにすると良いですね。
こんな行動をとった時には喜んでいるんだよ、怒っているんだよ、などのように動物がとる行動の意味を教えてあげたりすることで、お子さんは動物に対する理解を深めていきます。
少しなれてくると、いまはどんな気持ちなんだろうね、と言ったように話し合いをするのも良いでしょう。
また、ペットの世話をまかせてしまうのではなく、親子で動物の世話を行うようにすることで、親子の会話を行うことも重要ですね。

動物を飼うということは、1つの生き物の世話をすることです。
このことを通じて、しっかりとお子さんに動物との付き合い方、命のあり方を教えていくのは、とても有効なことだと言えます。